オドバンデオドラントバーム 塗るだけ

加齢臭 若い女性 ノネナール 対策

 

「加齢臭」というと40〜50代のおじさん臭というイメージしかないかもしれませんが、近頃では、若い女性にもその症状が出てきているという話もあります。原因は生活習慣やストレスなど様々なものがあるようです。人は自分の臭いには気づきにくいものなので、注意が必要ですね。そこでこの記事では、加齢臭の撃退法をまとめています。

 

加齢臭は、「ノネナール」という体内で発生する物質がその匂いの原因となります。
年齢を重ねて、酸化に対する抵抗力がなくなることによって発生すると言われている加齢臭ですが、女性の場合、女性ホルモンの影響で男性ほどのキツイ臭いはしません。
ただ、匂いの発生する仕組みは男女で同じであることは知っておくと良いでしょう。

 

女性の加齢臭は、ツンとした臭いがします。汗の臭いとはまたちょっと違っています。女性で多いのは「チーズ臭さ」と言われていますが、その他には「脂の臭い」「腐った化粧品のような臭い」「ろうそく臭」などと表現されるケースもあります。

 

よく臭いやすいのは耳の後ろ側です。ついで首の後ろ側や頭皮、額からはなにかけTゾーンなどがあります。

 

対策としてまず必要なことは女性ホルモンのバランスを整える生活習慣を身につけることです。
睡眠不足を解消する、女性らしいメイクやファッションをする、ザクロジュースを飲む、恋をするといったことで女性ホルモンのバランスを整えることが有効です。
また、アルコール類の飲み過ぎや偏食過食、ストレスなどを避けると良いでしょう。
楽しめる趣味を持つなど、気分転換を上手にする工夫も大切ですよ。